小説サイトぴよぶっくは無料で遊べるよ!

日記

2018-10-11

籤引渡世、新台所が出た

 職場に着いた。歩数計の付属時計が「朝の7時半」を示していた。売店に行き、朝食を買った。休憩広場に行き、空いている卓席に腰をおろした。おろしざまに、チョコクロワッサンを食べた。食後、ラジオの電源を入れた。
 豊洲市場開業の直送情報を聴きつつ、熱めのコーヒーを飲んだ。ながら飲みをやりながら、ぴよぶっくが俺にとっての築地ならば、豊洲に該当するサイトはどこにあるのだろうか?などと、わけのわからぬことを考えていた。

 都知事の寿司屋貸し切りを含め、予想を超える渋滞や運搬車の出火など、今日の豊洲には、様々なトラブルが発生したようだが、新しいことを始めるということは、そういうものなのかも知れない。ぴよの閉鎖が決まった。その事実に変更はない。ならば俺も、そろそろ歩き出さなくてはならない。卓上の片づけとゴミの始末を終えてから、広場を出て、更衣室に向かった。

 午前業務終了。職員食堂に行き、食券販売機でBランチを買った。本日のBは一応「鯖のカレー煮」ということになっている。だが、俺の眼には、焼いた鯖に薄めのカレー汁をぶっかけたやつにしか見えないのだった。まあ、いい。文句を並べたところで、事態は好転しないし、改善もされない。黙々と食べた後、茶碗一杯分の冷水を飲んだ。
 休憩室に行き、昼寝の前に小説と座談会を交互に読んだ。その後、仮眠。眼を覚ますと、隣席で役人面二人が上司や同僚の話題で盛り上がっていた。この内容とこの水準で、ここまで騒げるのだから大したものだ。池波美学の神髄から最も遠い位置にいるのは、どうやら、俺だけではないらしい。
拍手する 5拍手
  1. >ソフトリーに格調高く役人面をディスる。

    あちらさんはあちらさんで「なんだこいつ」と思ってるでしょうけどね(苦笑)。ともあれ、俺の理解を超えた世界で生きておられるのは確かです。

    闇塚 鍋太郎 2018-10-13 06:55
  2. ソフトリーに格調高く役人面をディスる。
    闇塚美学を感じます。(笑)

    シンカワメグム 2018-10-11 23:45
  3. >湯加減的に闇塚さんには合うと思われる、もわ大明神もいますしな

    メクるさんには何度か見学に行っています。確かにいい感じです。肝心の使い勝手ですが、こればかりは、実際にやってみないとわからない。又、やっている間にコツを掴むということもあります。
     早く試したい気持ちもあるのですが、それは、スラグマンを終わらせた後の行動になります。これだけはまともに完結させたいのです。

    >もわ(=゜□゜)(ますたーなんかよこすもわ)

    あげたいけど、今日は何もないなあ。缶詰ぐらいしか(苦笑)。鯖缶と白菜を煮たやつでもいいなら、作りますよ。これ、案外美味しいのです。

    闇塚 鍋太郎 2018-10-11 21:30

すべてのコメント(4)を見る