小説サイトぴよぶっくは無料で遊べるよ!

日記

2018-05-12

籤引渡世、鰤鎌が出た

 身支度と戸締りを済ませた。玄関の施錠を終わらせてから、アパートを離れた。一週間分の衣類を担いで、近所のコインランドリーへ向かった。中に入ってみると、おっちゃんが二人いて、集金業務にいそしんでいた。
 各マシン(洗濯機&乾燥機)には、鍵付きの引き出しがおさまっている。引き出しに詰まったコインを回収するのが、おっちゃんたちの務めのひとつなのだ。客の眼の前でそれをやるというのも、ちょっと凄いが、おっちゃんたちに気にしている様子は全然ないし、俺もいつの間にやら慣れてしまった。

 俺の場合、一回の洗濯に5百円かかる。月2千円として、一年で2万4千円払っている計算になる。結構な数字だが、乾燥機は使わないので、こちらの投入額は0円である。店側から見れば、もうからない客の典型と云える。

 帰宅後、バルコニーの物干し台に脱水衣類&脱水ジーンズを吊るした。今日と明日は快晴。明後日は崩れるという予報である。今日は風が強(きつ)いので、吹き飛ばされないように注意しなくてはならない。
 作業後、もうひとつの愛機、ニンテンドーDSを起動させた。アトラス社の『真・女神転生』の続きをやった。主人公の名前は付けられるが、仲間の悪魔(※ゲーム中では「仲魔」と呼ばれている)の名前が付けられないのが、いささか不満である。ともあれ、我が遊撃隊の冒険は始まったばかり。当面は戦力強化に励むつもりである。お気に入りの仲魔は、今のところいない。

♚タイラノ ノリツネ〔人間Lv8〕HP121/MP61 武器:ヒートナイフ
♜エンジェル〔天使Lv6〕HP85/MP47
♜オンモラキ〔凶鳥Lv7〕HP76/MP48
♜ザントマン〔夜魔Lv6〕HP85/MP45

 愛機の電源を切ってから、再び外出した。駅前商店街を目指して歩き始めた。途中、図書館に寄り、読みたい本を読んだ。同館を出た俺は、近傍の公園を縦断した。横断歩道を渡り、少し歩いたところにある居酒屋『W』の暖簾をくぐった。ここに来るのは久し振りだ。従業員はいない。女将さんが全ての仕事を一人でこなしている。その手際の良さ。訪れる度に感服する。
 今日は(女将さんの好意で)メニューにない「ぶりかま定食」を特別に作ってもらった。まことに美味であった。鱈腹食べて、代金は千円。安いねえ。

✩以上は「11日の日記」です。昨日書けなかったので、今日書きました。
拍手する 3拍手