小説サイトぴよぶっくは無料で遊べるよ!

日記

2018-05-11

企画立案その2

作品名→未定
ジャンル→近未来ものなので一応SF?

世界観は自分の身体に実体を持つ立体映像のパワードスーツを纏って基礎合う体感型Eスポーツが流行ってる世界観。
その中でも最大規模が対戦物ですが、それ以外のレースとかの種類も多々ある感じです

実体を持つ立体映像はサイバーマテリアル(略称CM)と呼ばれ、実体化には専用のフィールド内を必要とする。
このCMを纏う事・実体化させる事をサイバーマテリアライズと言い、専用の装置を使って装着者に合った形を取っておく事でフィールド内でいつでも着脱可能。

元々はプログラムを実体化させたものであるのでCMも有機的なものから無機的なもの、あらゆる姿を構成し組み合わせるのも可能で千差万別であり個性がある。
その関係で飛行能力があれば飛ぶ事も、潜水能力があれば自在に水に潜り活動できるなど、反応性は高い。

着てる間は専用の耐圧スーツを自動形成して纏い、その上で身体能力が向上。さらに自分のCMごとの力なども加わり最終的な能力が算出される。
またプログラムを追加(簡単なものでも良い)する事でカスタマイズが可能、ただしベースは変えられない

CMに対してはCMでしか影響を与えられず、逆にCMはCM以外にはぶつかっても衝撃などはない(フィールドは同じ原理のものなので影響を受ける)
また周囲には影響がなくても単純な衝撃などは装着者に通る為、許容を超えるダメージは軽減されて伝えられる。反面、精度や反応速度が落ちるので100%の力を出すには軽減機能をカットしておく必要がある(その為、場合によっては怪我はもちろん死亡者もでる)

ライセンス制であり、まず発行手続きを関連施設で行ってライセンスとCMを纏う許可が降りる。その後、競技の種類を選び同じくライセンスを得たばかりのビギナー達とアトランダムでマッチングし試合を行う。
一定期間内に一定数と一定勝率をこなすと昇格試験が受けられ、これに合格するとフリーと呼ばれるランク帯に入ることが許され、ここで初めてプロ扱いになる

その後はフリー同士でマッチングを繰り返しビギナーと同じく戦績を積み重ね、競技の運営側が提示した上位者であるランカーとの試合を制するとランキング入りとなる。
その後はランキングを上げてくというシステムだが、長期間試合をしない・試合内容がよくないなどネガティブな点を稼いでしまうとランキングが下がり降格される(やる気がない奴は出ていけの精神、同時にプロの給料をタダ取りさせない措置)


今のところはここまで考えてます。装着者のの総称をどうするかとか決まってない事も多々ありますが、こんな感じ
拍手する 2拍手
  1. 》闇塚さん

    サイバーマテリアルってのをCYBER MATERIALと英語にするかどうか悩んだので保留になったのはここだけの話

    お、宣伝とは流石は店主! よし、遠慮なく利用させてもらいます!

    IXIもわ 2018-05-11 21:15
  2. いやー。細かい細かい。こんな詳細な設定なんて、考えたこともないわ(苦笑)。ただひとつ、俺に云えるのは、タイトルは『サイバーマテリアル』にほぼ決まりということだけだな。

    これは余計なことかもしれませんが、今回の企画に限らず、相談や煮詰めなど、必要な場合は、うちの居酒屋(掲示板)をどんどん利用してください。亭主の権限(笑)で許可します。大いにやってください。そのためにこそ、我が『井戸』の存在意味がある!

    闇塚 鍋太郎 2018-05-11 20:38