小説サイトぴよぶっくは無料で遊べるよ!

日記

2018-01-12

籤引渡世、割引券が出た 

 今日の朝は一段と冷えた。寒さのせいで眼が覚めてしまった。昨夜の予報番組で「明日は氷点下になります」と云っていたことを思い出した。枕辺のアナログ時計が「朝の7時30分」を示していた。布団を出て、洗面所に行き、顔を洗った。台所に行き、湯沸かし器にミネラル水を注いだ。食べるものは何(なん)にもないが、コーヒーの備蓄(即席&抽出式)はたっぷりある。

 居室に行き、もうひとつの愛機、ニンテンドーDSを起動させた。淹れ立てのコーヒー(モカ)を飲みながら、エルミナⅡの続きをやった。
 一応、最後の敵(ラスボス…という略語があまり好きではない)は倒したのだが、前作同様「クリア後のお楽しみ」が用意されていて、俺を喜ばせた。このお楽しみだが、最初に導入したのは『ドラクエⅤ』だったと記憶しているが、RPG史的にはどうなんだろうか。
 スペシャルダンジョン「ウルナス・ラーデ」へ駒を進める。同迷路には、強敵難敵が揃っており、不意討ちを仕掛けられると、壊滅に等しい大損害を与えられたりする。そういう時は即座にリセットだ。へっぽこの俺は「本格派のこだわり」を持たぬ。いや、持てぬ。こまめなセーブも、へっぽこ流。

 DSの電源を切り、身支度を整えた。最後の施錠を済ませてから、アパートを離れた。駅前の両替屋に行き、現金を補充した。商店街へ移動し、食堂(兼居酒屋)の暖簾を潜った。空いているカウンター席に腰をおろし、献立表を眺めた。思案数秒、日替わりの煮魚定食を頼んだ。今日は「鰈の煮つけ定食」であった。なかなかの美味。酒が欲しくなったが、懸命に我慢した。

 食後、代金を払った。その際、おばちゃんが「お年玉」をくれた。再来月まで有効なサービス券である。500円値引きとは、まことにありがたい。懐中にしまい込み、店を出た。自宅に戻り、草小説の編集に没頭した。

♘ガラダK7〔竜人・悪・LV195戦士/HP1420〕装備:エントライー
♘トロスD7〔竜人・悪・LV192戦士/HP1393〕装備:魔魂の槍
♘クレオN3〔妖精・悪・LV120忍者/HP508〕装備:三光剣×2
♞バジンB9〔魔人・悪・LV93司教/HP510〕装備:魔翼&呪われた盾
♞へドリアン〔竜人・悪・LV45巫(かんなぎ)/HP248〕装備:夜叉姫
♞ファルコン〔人間・中立・LV171盗賊/HP796〕黒曜石のブーメラン
拍手する 2拍手
  1. >ドラクエⅤと言えばエスタークを最短で撃破したら仲間になるというデマがありましたね。

    あったみたいですねえ。俺が実際に遊んだのは、発売から随分経ってからだったので、デマの影響はほとんどありませんでしたが。

    >スタッフがドラクエⅥに隠しボス最短撃破したら特殊イベみたいなのを導入したとかなんとか…

    なるほど。デマが「本当」になっちゃったわけか。面白いねえ。

    >リメイクⅤだと他の条件込みでエスタークっぽいのが仲間になりましたね

    いたいた!そういうのいた!エスタークの息子…プチタークでしたっけ?エスタークはいいですね。ドラクエモンスターの中で、一番好きかも。個人的に。

    闇塚 鍋太郎 2018-01-13 12:54
  2. ドラクエⅤと言えばエスタークを最短で撃破したら仲間になるというデマがありましたね。で、それを聞いたスタッフがドラクエⅥに隠しボス最短撃破したら特殊イベみたいなのを導入したとかなんとか…リメイクⅤだと他の条件込みでエスタークっぽいのが仲間になりましたね

    Quinもわ 2018-01-13 11:25