小説サイトぴよぶっくは無料で遊べるよ!

日記

2017-11-05

双六渡世、光陰に遇った

 起床後、台所に行き、湯を沸かした。沸き立ての湯で、インスタントコーヒーを淹れた。昨日コンビニで買った「ちぎれる 小倉あんトースト」なるものを食べながら、熱いやつを飲んだ。
 食後、雑用退治に没頭した。今日中に済ませて(潰して)おきたい用事をひとつひとつ潰した。気がつくと「午前10時30分」になっていた。
 最後の施錠を終わらせてから、自宅を離れた。徒歩で30分ほどかかる場所にある貸し円盤(DVD)屋を目指した。到着後、借りていた4枚を返した。返却後、もう一軒の円盤屋に向かって歩き始めた。

 今日は秋晴れに恵まれた。絶好のゴルフ日和と云えるのではあるまいか。やったことがないので、よくわからないが。
 移動中、空を進む大型ヘリコプターを視認した。同ヘリに誰が乗っているのか、一介の平民(愚民?)に過ぎぬ俺などにわかる筈もない。筈もないが、もしかすると…
 行き道の途中、先月オープンした蕎麦屋に入った。親子風、カップル風、学生風、独身風、遊び人風など、店内は結構混雑していた。
 券売機でカレーライス&掛蕎麦のセットを買った。酒類も出すらしいが、昼間なので我慢した。俺にも掟がある。が、蕎麦を食べる前に一杯呑(や)ること自体は(池波ワールド的な)粋な趣向である。今度やってみよう。

 食後、第二の円盤屋に行き、映画1枚、動画1枚、ドラマ2枚、計4枚を借りた。セルフレジの画面に「更新日が近づいています」というメッセージが現われた。その瞬間、時の流れの早さ…いや、凄まじさを改めて感じた。
拍手する 2拍手