小説サイトぴよぶっくは無料で遊べるよ!

日記

2017-04-16

双六渡世、優良店に遇った

 眼が覚めた。枕辺のアナログ時計が「朝の7時45分」を示していた。洗面所に行き、顔を洗った。寝室兼居室に戻り、身支度を整えた。
 室内の脱水ものを、バルコニー(の物干し台)に全て移動させた。素晴らしい天気だ。一日中干しておけば、さしものジーンズも完全に乾くだろう。

 作業後、戸締りをした。最後の施錠を終わらせた俺は、自宅を離れた。ラジオを聴きながら、貸し円盤(DVD)屋を目指した。到着後、返却ボックスに借りていたもの(円盤4枚)を入れた。
 一旦、円盤屋を出て、近くにある大型商業施設に足を進めた。ホームセンターとショッピングセンターとスーパーマーケットが合体したような巨大建造物である。まるで要塞だ。まだ10時にもなっていないが、すでに大要塞は動き出していた。だだっ広い駐車場が早くも埋まり始めていた。

 同館2階のベーカリー(兼カフェ)に行った。パン類・菓子類といっしょに飲みものの販売も行っていて、なかなか便利だ。飲食スペースは意外に空いていた。窓際の席に陣取り、遅めの朝食をしたためた。
 同店の存在は知っていたが、実際に利用するのは、今日が初めてである。先ず値段設定に驚く。安いのだ。高さに吃驚することは珍しくないが、安さに驚くのは稀である。こういう驚きならば、何度でも体験したい。

 今回は、アンパンと目玉焼きトーストを試してみた。どちらも美味しかったが、特に後者が良かった。トーストの表面に浅いくぼみが作られていて、そこに目玉焼きが「嵌め込まれて」いるような感じ。見た目そのものが、食欲を刺激する。他の商品も多分旨いだろう。コーヒーの味も悪くなかった。いい店だ。今後、ちょくちょく通うことになりそうである。
拍手する 1拍手