小説サイトぴよぶっくは無料で遊べるよ!

プロフィール

会員番号
443
年齢
43
性別
地域
非公開
ファン数
7
PR文
小説とも云えぬ、小説―なんともケッタイな「草小説」を書いています。四十路のおっさんですが、話の中身や内容は、小学生か中学生レベルのもの。
小説、萬画、映画など、1960~80年代作品が有している娯楽エッセンスを自作に反映させたいと考え、試行錯誤を繰り返しています。創作と並行して「草随筆」も書いております。
原則として、ぴよ活動は、金・土・日の三曜に行っています。月・火・水・木の四曜は休眠状態。その間、コメントやメッセージを頂戴しても、応対できません。悪しからず、御了承ください。

小説ニュース 全3件

もっと見る

執筆レビュー 全13件

    家伝記

    ★★★★

    〔私〕が〔あなた〕に語りかける形でストーリーが進みますが、途中で「あれっ?」と感じる瞬間があるんですね。この「あれっ?」が大事なのです。
    意外な結末が読者を待っています。同時にタイトルの意味がわかる仕掛けになっています。アイディアの勝利。お見事です。
    文章も読み易く、完成度の高いショート・ショートだと思います。
    2017-09-17 08:51
    LISTENERー召喚札師ー

    ★★★★

    快調な滑り出し。異世界ファンタジーとして、手堅くまとまっていると思います。

    召喚札師(リスナー)が呼び出す魔物たちが、バトルの主役を担うわけですが、過激な描写や惨酷な表現は避けられています。不快感を覚える読者は、ほとんどいないと思います。安心して楽しめる作品。誰かさんの血塗れダサクとは違って(苦笑)。

    読んでいて、健全な印象を受けました。無論、これは作者の意図によるものですが、同時に、作者の人柄も反映されていると云って良いでしょう。自然とそうなるのです。

    各人物の言動や行動の根幹には「優しさ」があります。途方もないお人好し…なのかも知れませんが、お人好しが世界を救うこともありえるのです。
    2017-03-18 18:01
    微妙な2人の物語

    ★★★★

    「赤い糸」とは、古風な小道具のようにも思いましたが、読後、考えを改めました。劇中、なかなか巧みに使われていて、感心しました。執筆に至った経緯も興味深い。
    こういう内容のものは(俺には)絶対書けません。発想も文章も、まったく湧いてこない。その意味では、羨ましさ(憧憬の念)を覚えますね。

    物語は「僕」の一人称で進みます。展開に無理がないので、サクサクと読むことができます。長篇はさておき、短篇は「枝葉の刈り取り」が求められます。本作品は、見事に刈り取られていると云えるのではないでしょうか。

    今後「赤い糸」を題材にした作品がコンスタントに現れてくれることを期待します。俺には書けませんけど(苦笑)。
    2017-02-18 19:21

もっと見る