小説サイトぴよぶっくは無料で遊べるよ!

マリアの騎士Ⅲ うしなわれた宝玉

  • テキストサイズ

登場キャラクター

※括弧内は物語開始時の年齢

マリア(14)
主人公。フルネームは、クリストファー・マリア・アイドクレーズ。ベスビアナイト国の姫であるが男装をしている。

レイヴァン(24)
主人公。マリアの専属護衛で若くして正騎士の称号を得た。今は軍事勲章を授与されたうえ、正騎士長の任についている。

バルビナ・アイスナー(21)
マリア専属のメイド。王妃、アイリーンに雇われる前は暗殺者だった。

オーガスト・ペトロ・アイドクレーズ(39)
マリアの父であり、ベスビアナイト国の国王。

アイリーン・アイドクレーズ(35)
マリアの母にしてオーガストの妻であり王妃。

ディアナ(35)
オーガストの妹で故ニクラス公爵のあとをつぎ、公爵の地位にいる。一人、こどもがいたようであるが……

クリフォード(58)
正騎士長であり、レイヴァンとイリスの育ての親。故人。

レジー(20)
風の神器を守る一族のため、風の声が聞こえる。また城ではマリアの臣下で武官の任に就いている。

ギル(22)
水の神器を守る一族で水の声が聞こえる。マリアの臣下で令外官。

クレア(19)
地の神器を守る一族で大地の声が聞こえる。マリアの臣下であり、文官。

クライド(19)
闇の神器を守る一族であらゆる所に潜む闇の声が聞こえる。マリアの臣下で使職であり、側近。

エリス(16)
木の神器を守る一族。木だけでなく、あらゆる植物の声も聞こえる。マリアの臣下で監察官。

ダミアン(21)
火の神器を守る一族で火の声が聞こえる。マリアの臣下で武官。

ジュリア(20)
金の神器を守る一族。マリアの臣下で令外官。

ソロモン・ファーレンハイト(24)
知恵者でかつては、参謀によく似た任についていた。

セシリー(22)
本名は、ツェツィーリエ・バッハシュタイン。ベスビアナイト国の錬金術師。

グレン(?)
バートにより生み出されたホムンクルス。

エイドリアン・フェヒト(39)
正騎士の一人で酒が好き。歴代最年少、正騎士長となったレイヴァンをささえる正騎士長補佐でもある。

ヘルメス(23)
バートの息子。錬金術師でマリアの師匠。

バート(42)
錬金術師でヘルメスの父親。研究データを守るため、ヘルメスに“石”を託し、アイリーンに“石”とグレンを託した。故人。

ブラッドリー(42)
錬金術師でバートの研究データを狙っている。





――

ゼノビア(9)
ある夫婦の娘。

シリル(6)
ある夫婦の息子。
本棚へ入れる
この小説のURLを