小説サイトぴよぶっくは無料で遊べるよ!

完結

次元鍋 二の丸

しおり 3

PV 14139

最終更新日 2018-09-30

概要

才なし、学なし、技もなし。勢い任せ、筆任せ。蛮人流、闇鍋エッセイ。


作品説明

こちらは『春夏秋冬、次元鍋』の続篇になります。続篇と云っても、特に目新しい趣向はありません。本当です。本当に何もないのです。
旧鍋同様、主題を定めず、その日その日、脳内に浮かんできたものを文章にしたいと思います。一文一頁(最大1000字。正味950字程度)を基本としています。これも、旧鍋と同じです。
生来の癇癪持ち。育ちも頭も悪いため、暴言毒言の類いが、流れ弾と化して、お座席に飛んでくる危険があります。くれぐれも御注意ください。

〔煮込み期間〕2017年9月30日~2018年9月30日

☆表紙の絵は百々瓜さんの『海底列車』を使わせていただいております。



ランキング

  • 総合
    16位 (過去最高 5位)
  • カテゴリ
    2位 (過去最高 1位)

本棚へ入れる
193拍手 拍手する
この小説のURLを