小説サイトぴよぶっくは無料で遊べるよ!

連載中

その昔俺は銀色の玉に恋をしていた

しおり 0

PV 3112

最終更新日 2014-10-11

概要

今から25年前、空前のパチンコブームがあった。


作品説明

今は昔
まだ今ほど液晶画面が大きくなく
スーパーリーチすら無い台もあり
常連がまるで自分の家のようにパチンコ屋に入り浸り
年がら年中朝から晩まで熱くなっていた時代があった。
俺の地元には
伝説的なパチンコ屋がいくつもあり
県下でもトップクラスの鉄火場とかしていた。
しかし
今より幾分勝ちやすかったとはいえ
当然負ける人も多かったのは
今と変わるところない。
しかし、一部には、情報を駆使し、
着実に勝ちを積み重ねる常連もいた
これは
俺の体験談でもあり
昔話であり
不利な勝負において
それでも負けられない時
以下にたちむかうかとゆう
非常にオペレーションリサーチ的なお話であります。
まあ
懐かしい人だけ呼んでくれたらええなあ



ランキング

  • 総合
    334位 (過去最高 33位)
  • カテゴリ
    14位 (過去最高 1位)

本棚へ入れる
この小説のURLを