小説サイトぴよぶっくは無料で遊べるよ!

完結

午前三時の郵便配達2

服部有紀

41ページ

童話

しおり 2

PV 3312

最終更新日 2015-05-10

概要

あの日あの時、二度とない奇跡と、優しいうそでわたしを救ってくれた。これは午前三時の小さな奇蹟の物語。


作品説明

前作『午前三時の郵便配達』につづく新たなストーリー。

それは、その当時クラスではやっていたあるうわさ。

『願いを叶えてくれる郵便局』

なんでも願いを叶えてくれて、現れたり現われなかったりの神出鬼没。願いを配達してもらえるのは十五歳までのこどもだけ。そのくせ、配達物の収集はきまってこどもの寝静まる午前三時……


――――願いならなんでも叶えてくれるんでしょ!?


『みぞの郵便局』の知られざる『禁忌』。

前作で登場した謎多き配達人の過去。



――――ずっと、ずっとだいすきだよ。

囁くような儚い声。

それは奇蹟の時間が終わったことを告げる言葉でした。

(本文より一部抜粋)



ランキング

  • 総合
    155位 (過去最高 4位)
  • カテゴリ
    3位 (過去最高 1位)

この著者のほかの作品

本棚へ入れる
この小説のURLを