小説サイトぴよぶっくは無料で遊べるよ!

完結

続 兎原くんと亀野さん。

服部有紀

15ページ

童話

しおり 2

PV 899

最終更新日 2015-04-02

概要

花々にあふれる温室で大切な人と過ごす優しい時間。


作品説明

「わたしにとっては兎原くんだけだったんです。やさしい気持ちをわけてくれたのは。
兎原くんはいつだって、わたしの『希望』でしたから」(本文より)
雪の降る日。
季節外れの花々にあふれた温室で過ごす、放課後のやさしい時間。兎原くんと亀野さんが紡ぐちょっと不思議で、あったかい物語。

前作「兎原くんと亀野さん」の続編です。

小説家になろう様でも投稿しております。



ランキング

  • 総合
    433位 (過去最高 55位)
  • カテゴリ
    12位 (過去最高 2位)

この著者のほかの作品

本棚へ入れる
この小説のURLを