小説サイトぴよぶっくは無料で遊べるよ!

連載中

野生の白薔薇

サクラ

315ページ

恋愛

しおり 2

PV 16420

最終更新日 2017-05-25

概要

強く逞しい悲劇の王女と彼女に強く惹かれる青年王のお話です。


作品説明

大国ザイアークの青年王ジークシハードが出会ったのは、異国の悲劇の王女…の筈だった。
破落戸をなぎ倒し、楽しそうに笑い、
「自己憐憫に浸っとる奴なんざ、よっぽどの暇人や」
とひたむきに前に向かって歩み続ける姿に彼は強く惹かれた。

「妃に欲しい」
「アホか!ちゃんと国益になる姫君選ばんとあかんで?アタマおかしなっとんちゃうか?大丈夫か…?」
しかし恋などしたこともなく、興味すらない彼女にはジョークとしてしか受け取ってもらえない。


軍事国家である隣国バストネラの意のままに軍国主義の道をひた走ってきた自国の荒廃ぶりを憂い、ザイアークが率いる同盟国への加入を果たすため奔走する義弟の戴冠式を前に、王位継承権を放棄するためアンジェリカは10年ぶりに自国ナルドに戻る。

様々な出来事の中、母を亡き者にし自分をも殺そうとした妃達さえ守ろうと奔走するアンジェリカだったが、宴の席で出会ったバストネラ王に初めて恐怖を感じた。
軍事国家の頂点に立ち、軍備拡大を続けていく彼の常軌を逸した嗜虐性を感じ取り、恐怖のあまり立ち竦む美しいアンジェリカの姿に、バストネラ王もまた興味を抱く。

ナルドへの侵攻を盾にアンジェリカを後宮に迎えたい
と申し入れてきたバストネラから彼女を護るため、ジークが動いた。
「我が妃が欲しいならバストネラを壊滅させる覚悟で取りに来い。受けて立つ。」




真っ直ぐで元気な女の子の純愛ストーリーが書いてみたくて挑戦しました。至らない所ばかりですがコツコツ続けてみようと思っています。






ランキング

  • 総合
    5位 (過去最高 3位)
  • カテゴリ
    1位 (過去最高 1位)
本棚へ入れる
この小説のURLを