小説サイトぴよぶっくは無料で遊べるよ!

連載中

僕が彼女に嘘をつく理由。

服部有紀

104ページ

恋愛

しおり 3

PV 7538

最終更新日 2015-09-21

概要

眠り姫がたとえ永久の眠りに落ちたとしても。約束するよ、わたしはあなたのそばにいる。


作品説明

――――わたし、この瞳を知ってる。
ああ、そっか。
同じなんだ。
さみしくて、痛くて、かなしいのが似てる。
綺麗だけど、どくどくと血を流す胸の真ん中がとんでもなく虚ろで。そう、今にも崩れ落ちてしまいそうなんだ。

***

 平凡な女子高生と欠陥だらけの眠り姫。

 永久の眠りのその先へ。傷だらけの少女と少年は茨の道を進むと決めた。たとえ、叶わない願いであると知っていても。

――あの日、大切なひとの手を離さないと誓ったんだ。

 これは勇敢な少女と少年の物語。

 



ランキング

  • 総合
    84位 (過去最高 17位)
  • カテゴリ
    18位 (過去最高 1位)

この著者のほかの作品

本棚へ入れる
この小説のURLを