小説サイトぴよぶっくは無料で遊べるよ!

みんなの掲示板

雑談板 みんなの掲示板トップへ戻る

PUB WELL 3

ここは、ぴよ村。物語を書いたり読んだりするのが大好きな人たちが集まる夢の里。商店街の奥の奥に佇む『PUB WELL』は、安普請の狭い店ですが、
「旨いカクテルが呑める…」「美味しい料理が食べられる…」
という噂があるとかないとか。

記すまでもありませんが「PUB」は、日本語で「大衆酒場」という意味に、屋号の「WELL」は、日本語で「井戸」という意味になります。そんなわけで、こちらは、無頼亭主、鍋太郎が経営する『大衆酒場 井戸』。その3号店です。

亭主は、大変な怠け者で、金土日の三曜日しか働きません。まったくとんでもない奴です。
不在の場合は、亭主抜きで、大いに騒ぎ、大いに楽しんでください。

闇塚 鍋太郎

2017-04-02 20:53

  • 91
    お布団を干しておくと、もわ大明神がセミのようにくっついてることがあります。
    もわー(=゜□゜)(おひさまのにおいもわー)

    今日の私は作品の先の展開を煮詰め続けてます。形にするとなんかしっくり来なかったので、再確認も兼ねてます

    天気もよく涼しい…でも日差しは強いので熱中症予防や日焼け対策は大切ですね

    IXIもわ

    2017-04-30 15:28

  • 92
    >もわ大明神がセミのようにくっついてることがあります。

    と聞いて、ベランダに行ってみたけど、発見できませんでした。心の汚れた者に大明神は見えないのかも…。

    >今日の私は作品の先の展開を煮詰め続けてます。

    煮詰めるのは大事ですね。煮詰まらない内に書き出すと、途中で(書いている当人が)わけがわからなくなることがあります。

    >熱中症予防や日焼け対策は大切ですね

    そうですね。皆さん、注意しましょう。外出時には、帽子をお忘れなく。

    闇塚 鍋太郎

    2017-04-30 16:15

  • 93
    いかん。もうこんな時間だ。ちょっと早いけど、この辺で退散させていただきます。次回の出没は今週金曜…ではなく、木曜を予定しています。

    今週は休日出勤もあるし、遠征の予定もあるしで、結構慌ただしいです。クラブをやめて、正解だったかも知れないな。
    向こうさんも、多分そう思われているはず。となると、あれは「必然の展開」だったような気がしてくる。

    俺の場合(ダサクもダブンも)1頁を仕上げるのに、物凄く時間がかかる。だからどうしても、ピヨカツは休みの日に限られてくるんですね。平日は疲れ果ててしまって、愛機を起動させる余力さえない有様です。

    では、去ります。皆さん、お元気で。再会の日まで、さようなら。

    闇塚 鍋太郎

    2017-04-30 19:58

  • 94
    もわ(つ゜□゜⊂)
    ※布団と間違えて頭にくっついてた

    もわ(=゜□゜)もわ(=゜□゜)もわ(=゜□゜)もわ(=゜□゜)
    ※もわもわお掃除開始

    IXIもわ

    2017-05-01 08:38

  • 95
    皆さん、いかがお過ごしですか?ゆったりと、休日の時間を満喫されているのでしょうか?それとも、平日同様、仕事や用件に追われておられるのでしょうか?

    俺自身は、意外な忙しさの中にいます。今日は休みですが、明日は仕事。明後日は遠征の予定。結構慌ただしいです。
    さてと、こういう際(お金も時間もない)に最適な「白菜ツナなべ」を作ることにしよう。大明神のお口に合うかどうかはわからないが…。

    闇塚 鍋太郎

    2017-05-04 12:39

  • 96
    もわ(=゜□゜)もわ(=゜□゜)もわ(=゜□゜)もわ(=゜□゜)もわ(=゜□゜)
    ※待機中

    天気は良いけど夏っぽい、でも梅雨はまだ先ですねー


    とりあえず暖かいので眠いです。もわ

    IXIもわ

    2017-05-04 13:27

  • 97
    >天気は良いけど夏っぽい、でも梅雨はまだ先ですねー

    朝は薄い雲が浮かんでいましたが、現在は快晴です。暑いほどです。

    闇塚 鍋太郎

    2017-05-04 15:39

  • 98
    『美味しんぼ』の28巻の中に出てくる「ベーコン鍋」が旨そうである。ベーコンにこういう食べ方はあるとは驚きであった。但し、安物ベーコンや粗悪ベーコンでは駄目で、

    「気持ち悪くて、とても食べられない…」

    そうである。まあ、だろうねえ。それはわかるのだが、俺の財力では、鍋向きの良質ベーコンなんて、とても買えないとも思う。
    鍋に残ったスープを使えば、魅惑の「洋風おじや」が出来上がるだろう。

    闇塚 鍋太郎

    2017-05-04 18:42

  • 99
    晴天の休日。町外れの古書店に行く途中、空腹を覚えた俺は、道沿いのショッピングセンターに入り、同館のフードコーナーへ足を進めた。左の手首にはめた時計が「午前9時50分」を示していた。

    時間が早いせいだろう。飲食スペースはガラガラに空いていた。それは良いのだが、店側の戦闘態勢も整っていなかった。鯛焼きを注文したら、ブスッとした表情の店員さんが、ブスッとした口調で、

    「焼けるまで、十分ぐらいかかります」

    と、応じてくれた。コーヒーを飲みながら、焼き上がりを待っていたのだが、なんだか面倒になってしまい、結局、何も食べずにその場を出た。店員さんの素敵な態度が、食欲を削いだ一因であることは否めない。

    闇塚 鍋太郎

    2017-05-04 18:54

  • 100
    『邪神』1頁と『次元』1頁、計2頁を投稿した。内容や水準はさておき、楽しみながら書いている。今日は、比較的、筆の動きが滑らかだった。俺にしては、サクサク書けた方と云える。

    前者は事前の予定を大幅に超過する「大長篇」と化してしまった。現段階では、終わりはまったく見えない。
    果たして、無事ゴールに辿り着けるだろうか?それとも、幾度目かの空中分解を演じることになるのだろうか?まあ、行けるところまで行ってみよう。
    その点、後者は楽である。前後の次元に連続性があるわけではないので、好き放題に書ける。当面の目標は500次元。残り51次元。

    さてと、4号店のオープンの支度でもするか…。

    闇塚 鍋太郎

    2017-05-04 19:10

前へ

これ以上の書込みは出来ません